育児中のムダ毛処理

育児中のムダ毛処理ってホント煩わしいとしか言い様が無いですよね!

 

だって、子供が生まれたばかりでただでさえ授乳とかオムツ替えとかに忙しいのに、薄着の季節になると脇毛とか見えちゃうわけなので、処理しないってことが恥ずかしいってことになります。

 

世の中、育児中のママさんってどうやっているのでしょうかね?

 

 

 

ムダ毛処理の種類

 

ムダ毛の処理といったことを考えるうえで、最近では様々な種類の方法がありますから確認してみてください。代表的なムダ毛の処理の方法としては脱毛サロンや医療機関を利用する医療レーザー脱毛等があります。最近ではムダ毛の中でも産毛の処理を行うレディースシェービングといったカミソリを使った無駄毛の処理を行うということも増えています。このレディースシェービングは主に顔や背中、そしてうなじなどの手が届かない部分のムダ毛の処理で行われます。それに加えてムダ毛処理の種類としては、自分で行う方法として、家庭用脱毛器を使う手法、脱毛クリーム、自分でのシェービングといった方法があります。自分で行う手法はある程度手間はかかりますが費用を抑えるという意味でメリットがあり、人にしてもらう(サロンや病院)では手間がかからず、キレイな仕上がりになるが、ある程度費用がかかるという特徴があります。ムダ毛処理の種類について少し記載しましたので気になる方はチェックしてみてください。

 

 

自己処理脱毛の種類について

 

脱毛というと最近ではエステサロンを活用した種類、そして病院での医療レーザー脱毛というものがあります。そういった中で自分で脱毛をしたいと考えている人も多いでしょうから、『自己脱毛の種類』について記載したいと思います。自己脱毛の種類として代表的なものとして「家庭用脱毛器」というものがあります。「ケノン」や「イーモリジュ」「センスエピ」といったものは有名ですから名前を聞いたことがあるという人も多いと思います。こういった家庭用脱毛器は5年前に比べると非常に安価になっていて10万円以下で利用できるものがほとんどになっています。それに加えて美顔器やスキンケアも同時に行えるため、自己脱毛をする人からは高く評価されています。それに加えて自己処理脱毛の種類として、「脱毛クリーム」「抑毛クリーム」といったものがあります。こちらは効果が出るまで時間がかかるというデメリットがありますが費用が安価で刺激が少ないということで肌が弱いという方には高く評価されています。基本的な自己処理脱毛の種類について記載しましたので気になったという人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

ムダ毛が生えるしくみ

 

ムダ毛が生えるということに関してストレスを感じている人も多いと思います。生活の中で、生えるのがはやかったりはえなかったりということを実感し、いっぱいムダ毛が生えるしくみはどうなっているのかと気になっている人も多いでしょうから少し記載したいと思います。まず、ムダ毛だけに限定したことではないのですが、基本的に毛髪は、「休止期」「成長期」「退行期」というものがそれぞれの毛髪に存在し、統一されているわけではありません。それぞれの毛髪がずれた形でこの3つの時期を繰り返すために、生えるのがはやかったり、おそかったりということを実感することになります。最近では、この毛周期をコントロールすることで毛を生やしたり、脱毛したりといったことが行われていて、ムダ毛というものを考えるうえで非常に重要なポイントになっています。また、こういった毛髪にはホルモンというものも影響しているといわれていて、特に男性ホルモンが大きく影響するといわれています。簡単ではありますが、ムダ毛が生えるしくみを記載しましたので気になっているという人は参考にしてみてください。

 

 

日焼けと脱毛

 

エステサロンなどで脱毛する場合、まず、日焼けしないように指示されます。ワキの下やデリケートゾーンの場合は日焼けはあまり関係がありませんが、腕や脚、胸、背中などの部分は気をつけていても日焼けします。エステサロンなどで導入している脱毛機器は、種類にもよるのですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛での脱毛の場合、黒いものに反応して脱毛する方法なので、日焼けをすると、脱毛効果が薄れる場合があります。メラニン色素も黒なので、その理由は明快です。そして、日焼けをしていると施術の際の傷みが増す傾向にあります。このように、トラブルなどを引き起こす要因があるので、日焼けをしての脱毛はおすすめできないのです。日焼けをしてしまってからの期間が短い場合、施術を見送られてしまう可能性もあるので、今、脱毛をしている人は、特に、いつも以上に日焼けをしないように注意をしていく必要があります。要するに、脱毛する場合は、日焼けは悪いことはあっても、良いことはないということです。日焼けをしたい人は、脱毛が終わってから思う存分することです。

 

 

自宅脱毛の危険性とは?

 

自宅脱毛は危険が潜んでいるので、十分に注意しなければなりません。自宅での脱毛は、いつでも好きな時間にできて、費用も安く仕上がるので、する人が多いのですが、要注意です。家事や仕事などで忙しい女性にとって、自宅脱毛は便利なものなのですが、注意点を守らないで処理すると、肌にダメージを与えてしまうなど、危険を伴います。もちろん、家庭で使用できる脱毛機器は、どれも規格を満たしたものばかりなのですが、やはり使い方によっては効率良く脱毛できないだけでなく、色素沈着ややけど、肌荒れなどのトラブルを起こす危険性もあります。中には皮膚科で治療を受けなければいけないくらいに、深刻なトラブルに見舞われることもあります。そのため、たかが脱毛と思っていると、とんでもない目に遭うことがあります。特に、家庭用脱毛器を使う場合で注意しなければならないのは、デリケートな部分の脱毛です。あこがれのフラッシュ脱毛器を購入して、鼻の下のうぶ毛処理に使用したところ、皮膚が真っ赤になった人がいます。家庭用脱毛器の中には顔には使用できないものもあるので、使用説明書をよく読んでから使うことです。

 

安い脱毛エステに行って全身処理するのが一番安全ってことなんでしょうね!